消費者金融の過払い請求はいつ借りた人が確認したらいいの?

テレビや電車内の広告などで、消費者金融を利用したことがある人は、利息の支払い過ぎがある可能性の確認をしましょうというものがあります。この利息過払いはつい最近、多く言われるようになったもので、消費者金融の利用経験がある人はどのような仕組みなのかも分からないというケースもあるかと思います。


消費者金融に平成18年以前にあったグレーゾーン金利が問題

消費者金融は貸金業法が平成18年に改正されました。この法律では以前、上限金利以上なのに刑罰対象になっていない金利ゾーンがあったそうです。利息は法律違反なのですが、法律上罰せられない利息が29パーセント位まであったので、当時の10万円以上の借り入れに関する上限金利の20パーセントを超えて、29パーセント以内であった利息を適用されている場合には、過払い金請求対象となります。


取引履歴がなくても請求は可能なので不安な場合はチェックを

改正されたのが8年前なので、もう完済している、審査を受けて利用したカードローンの領収書などを保存していないという人も多いかと思います。この場合、利用した会社へ取引履歴の開示を請求することが可能ですし、利用者の開示要求は承諾する義務があります。弁護士などを通すことでスマートに進むこともあるようなので、支払いに大きな不安がある場合には、専門家を通した相談を考えてみましょう。

Comments are closed.