消費者金融の審査を通すには

お金を借りる場合は切羽詰った状況にあり、できれば消費者金融への申請は一回の審査で合格したいと思うのは、誰も同じです。融資する側にとっては申請者全員に審査合格を与え、融資したい気持ちを持っているものの、中には虚偽の申告や借りたものの返済が出来ませんと言った類の申請者も存在しているため、融資までの速さが売り物の消費者金融にとっても、ある程度厳しい審査をする必要性に迫られています。


<重要な融資判断材料>

融資した場合に、確実に返済してもらえるかどうかを判断するために最も重要な要素は年収です。年収と申請された融資額を突き合わせると、その人が返済能力を有しているかどうかが大体わかります。次に重要な要素は、申請者が他の消費者金融審査を受け落ちていないかどうかにあり、落ちた実績の持ち主はマイナス判断材料にされてしまいます。また、返済不履行などの履歴も大きなマイナス点になります。


<付帯的な要素>

家族構成については夫婦二人の場合、申請者の年収が低い場合でもパートナーの年収が十分ある場合は、有利な判断材料になります。逆に年収が一定基準を上回っていても、配偶者や学校通いの子供を抱えている場合は可処分所得を低く見積もられる場合があるので念頭に置いておく必要があります。


<誠実な対応はプラスの判断材料>

消費者金融の利用実績があっても、常に予定通り完済していれば、合否ボーダーラインにあるときはプラス査定が下され合格する可能性が大きくなります。

Comments are closed.