消費者金融の審査は意外と厳しいのはご存知?

消費者金融と聞けば誰でも借りることが出来るといったイメージを抱いている方も多いとは思いますが、最近のカードローンでは金利も安くなっているので審査も厳しくなっている傾向にあります。
そのため、融資を受ける際にはいくつかのコツを知っておかなければ、なかなか自分が思い描く融資を受けることは難しいといえるでしょう。
そこで、今回は自分が思い描く融資を受けるためのコツをいくつかご紹介。
これを知っておくかどうかで結果に大きな差が生まれるのではないでしょうか。


融資前の審査では記入出来るだけの情報を入力しましょう

消費者金融からお金を借りる際には個人情報や収入状況など細かに記入しなければなりません。
これは、その人にお金を貸して本当に帰ってくるのかどうか、つまり信用出来るかどうかというのを確かめているのです。
そのため、隠蔽や詐称を行えば信用度にはかなりマイナスであるということはご注意ください。
年収などついつい見栄を張ってしまいたくなってしまいますが、後々になって発覚したときには最悪融資を打ち切られるといった場合もあるのでご注意ください。


消費者金融でダメなら銀行にも行ってみるべき?

消費者金融から融資を受けられなかったからといって諦めるのはまだ早いです。
実は審査が厳しいと思われている銀行であれば融資を受けることが出来るかもしれません。
特に多重債務を抱えている方は一度銀行に相談してみることをおすすめしています。
銀行では消費者金融と違って総量規制も対象とはなっていないので、年収の3分の1に迫る借金を抱えている方でも新しく融資を受ける事が可能となっています。
また、配偶者に安定した収入のある専業主婦の方なども銀行であれば融資を受けることが可能となっており、通常の業者であれば総量規制の関係などから融資を受けることが難しいとされていますが、銀行であれば審査にさえ通れば融資を受けられるのでぜひ一度お試しください。


あまりに簡単にお金を貸す業者はヤミ金かもしれません

最近では銀行系カードローンでも即日融資に対応するなどスピード対応を行っている業者が増えてきましたが、あまりにも早過ぎる融資を行う業者はヤミ金かもしれないと疑ってみた方がいいでしょう。
大体の消費者金融業者は保証会社を通して審査を行っているので、どれだけ早くても30分程度申し込みから融資までには時間が必要となります。
しかし、氏名と住所を記入しただけで簡単にお金を貸してくれる業者などは、その後に違法な取り立てなど行ってくる場合もあるので、あまりにも簡単にお金を貸してくる業者には注意しておいた方がいいでしょう。

Comments are closed.