消費者金融の「履歴にならない審査」

銀行の申し込みの場合には「仮」と「本」があることが多く見られます。この仮審査は、この時点で信用情報機関から情報を取り寄せますので、そちらに申し込み回数を表す情報が掲載されます。「本申込み」はただ単に仮審査の内容を確認し、契約を行うということだけなのです。本申込みと何ら変わりません。しかし消費者金融の仮審査には、信用情報機関に問い合わせを行わないものもあります。


<信用情報機関に掲載されない申し込み>

信用情報機関に掲載されるのは、金融業者が審査のために信用情報を取り寄せたという履歴です。この回数が短期間に重なっていれば、「複数の申し込みを同時に行っている」と判断されて、いわゆる「申込ブラック」になってしまう可能性が高なります。銀行でも消費者金融でも一定期間契約ができなくなってしまうこともあるので、無闇矢鱈に申し込みを行うことは辞めましょうと言われているのです。しかし個人を特定できないものであれば、信用情報機関から情報を取り寄せることはありません。匿名性が高い仮申し込みなどは、履歴として残らないのです。消費者金融ではこのような「仮審査」のフォームを持っている業者も多いのですが、結果の信ぴょう性は高くありません。あまりアテにはなりませんので、あくまでも返済シュミレーションなどの参考程度ということになります。

Comments are closed.