消費者金融と法律のお話

消費者金融では年収の3分の1を上限として、それ以上のお金を借りることができない、50万円以上のお金を一か所の会社から借りるときには、収入証明書の提出が必要など、制限があります。これは利用者の借り過ぎを防ぐことと同時に、借りたお金が返ってこないというような金融事故を防ぐ目的もあるそうです。


消費者金融を守る法律

消費者金融やクレジットカード、カードローンサービスを行っている会社を守るためにある法律が、貸金業法というものです。この法律は平成18年に大きく改正されました。この改正により加わったのが、先ほどの年収によって借りることができるお金の上限が決まるというものです。これを総量規制といい、年収を問わず、借入額が大きくなれば、年収を確認する義務が消費者金融に生じます。限度額なども、この基準を超える金額にはなりません。


審査を受ける人に収入がないとダメ

また、貸金業法では専業主婦などが利用することが事実上、非常に難しくなっています。これは利用する本人に安定した収入があることが求められているためです。そのためアルバイトやパートに出ている人であれば利用ができますが、専業主婦の場合はお金を借りることはできません。借りるためには、審査で配偶者の同意書など様々な書類が必要となります。

Comments are closed.