消費者金融と在籍確認

消費者金融の審査においてどれだけ年収や勤続年数といったステータスが優れていても、抵触する事で一発アウトになってしまうルールがいくつかあるのはご存知でしょうか。例えば信用機関に過去の滞納や不払い履歴が残っている事、また申し込みに嘘の記載がある事、現在既に4社以上から借入がある場合などがこれにあたります。今回のそんなルールの中の一つである「在籍確認」について紹介します。


審査後の在籍確認について

消費者金融では一般的に申込内容から合否を照合した後、その申込フォームに書かれている内容が正確かどうかを確かめる作業が行われます。在籍確認は特に申込用紙に記入されている勤務先に本当に申込者が勤めているかを確認する行程の事を指す場合が多いようです。在籍確認では大抵の場合消費者金融がその勤務先に電話をかけ、あなたが会社に在籍している事を確認します。そしてもしあなたが何らかの事情でその電話に繰り返し出る事ができなければ必ず審査に落ちてしまうという訳です。


消費者金融側の配慮

ただ基本的には消費者金融側も返済能力に問題の無い人には積極的にお金を貸したいと思っているので、在籍確認一つにしても様々な配慮が行なわれています。例えば会社の人間にお金を借りる事は伏せておきたいというのであれば、会社名ではなく個人名で在籍確認の電話がかかってきます。また最近ではまだ一部の例外的な商品ではあるものの在籍確認が不要な商品も登場しているようです。

Comments are closed.