消費者金融と法律のお話

消費者金融では年収の3分の1を上限として、それ以上のお金を借りることができない、50万円以上のお金を一か所の会社から借りるときには、収入証明書の提出が必要など、制限があります。これは利用者の借り過ぎを防ぐことと同時に、借りたお金が返ってこないというような金融事故を防ぐ目的もあるそうです。


消費者金融を守る法律

消費者金融やクレジットカード、カードローンサービスを行っている会社を守るためにある法律が、貸金業法というものです。この法律は平成18年に大きく改正されました。この改正により加わったのが、先ほどの年収によって借りることができるお金の上限が決まるというものです。これを総量規制といい、年収を問わず、借入額が大きくなれば、年収を確認する義務が消費者金融に生じます。限度額なども、この基準を超える金額にはなりません。


審査を受ける人に収入がないとダメ

また、貸金業法では専業主婦などが利用することが事実上、非常に難しくなっています。これは利用する本人に安定した収入があることが求められているためです。そのためアルバイトやパートに出ている人であれば利用ができますが、専業主婦の場合はお金を借りることはできません。借りるためには、審査で配偶者の同意書など様々な書類が必要となります。

消費者金融の「履歴にならない審査」

銀行の申し込みの場合には「仮」と「本」があることが多く見られます。この仮審査は、この時点で信用情報機関から情報を取り寄せますので、そちらに申し込み回数を表す情報が掲載されます。「本申込み」はただ単に仮審査の内容を確認し、契約を行うということだけなのです。本申込みと何ら変わりません。しかし消費者金融の仮審査には、信用情報機関に問い合わせを行わないものもあります。


<信用情報機関に掲載されない申し込み>

信用情報機関に掲載されるのは、金融業者が審査のために信用情報を取り寄せたという履歴です。この回数が短期間に重なっていれば、「複数の申し込みを同時に行っている」と判断されて、いわゆる「申込ブラック」になってしまう可能性が高なります。銀行でも消費者金融でも一定期間契約ができなくなってしまうこともあるので、無闇矢鱈に申し込みを行うことは辞めましょうと言われているのです。しかし個人を特定できないものであれば、信用情報機関から情報を取り寄せることはありません。匿名性が高い仮申し込みなどは、履歴として残らないのです。消費者金融ではこのような「仮審査」のフォームを持っている業者も多いのですが、結果の信ぴょう性は高くありません。あまりアテにはなりませんので、あくまでも返済シュミレーションなどの参考程度ということになります。

消費者金融の過払い請求はいつ借りた人が確認したらいいの?

テレビや電車内の広告などで、消費者金融を利用したことがある人は、利息の支払い過ぎがある可能性の確認をしましょうというものがあります。この利息過払いはつい最近、多く言われるようになったもので、消費者金融の利用経験がある人はどのような仕組みなのかも分からないというケースもあるかと思います。


消費者金融に平成18年以前にあったグレーゾーン金利が問題

消費者金融は貸金業法が平成18年に改正されました。この法律では以前、上限金利以上なのに刑罰対象になっていない金利ゾーンがあったそうです。利息は法律違反なのですが、法律上罰せられない利息が29パーセント位まであったので、当時の10万円以上の借り入れに関する上限金利の20パーセントを超えて、29パーセント以内であった利息を適用されている場合には、過払い金請求対象となります。


取引履歴がなくても請求は可能なので不安な場合はチェックを

改正されたのが8年前なので、もう完済している、審査を受けて利用したカードローンの領収書などを保存していないという人も多いかと思います。この場合、利用した会社へ取引履歴の開示を請求することが可能ですし、利用者の開示要求は承諾する義務があります。弁護士などを通すことでスマートに進むこともあるようなので、支払いに大きな不安がある場合には、専門家を通した相談を考えてみましょう。

消費者金融の審査を通すには

お金を借りる場合は切羽詰った状況にあり、できれば消費者金融への申請は一回の審査で合格したいと思うのは、誰も同じです。融資する側にとっては申請者全員に審査合格を与え、融資したい気持ちを持っているものの、中には虚偽の申告や借りたものの返済が出来ませんと言った類の申請者も存在しているため、融資までの速さが売り物の消費者金融にとっても、ある程度厳しい審査をする必要性に迫られています。


<重要な融資判断材料>

融資した場合に、確実に返済してもらえるかどうかを判断するために最も重要な要素は年収です。年収と申請された融資額を突き合わせると、その人が返済能力を有しているかどうかが大体わかります。次に重要な要素は、申請者が他の消費者金融で審査を受け落ちていないかどうかにあり、落ちた実績の持ち主はマイナス判断材料にされてしまいます。また、返済不履行などの履歴も大きなマイナス点になります。


<付帯的な要素>

家族構成については夫婦二人の場合、申請者の年収が低い場合でもパートナーの年収が十分ある場合は、有利な判断材料になります。逆に年収が一定基準を上回っていても、配偶者や学校通いの子供を抱えている場合は可処分所得を低く見積もられる場合があるので念頭に置いておく必要があります。


<誠実な対応はプラスの判断材料>

消費者金融の利用実績があっても、常に予定通り完済していれば、合否ボーダーラインにあるときはプラス査定が下され合格する可能性が大きくなります。

消費者金融のイメージはどんなもの?

消費者金融のイメージについて聞くと、怖いといった声が多いかと思います。
確かにドラマの影響などもあって怖いと言うイメージがまだまだ強いと思いますが、実際には怖くないですよ。
正しく利用しなければ怖いことに陥ってしまいますが、正しく利用すれば大丈夫。
ご自分が借りた金額をしっかり返済して、ということをちゃんとしている方は問題ないと思いますから怖くないです。


消費者金融の審査について

消費者金融を利用する時には何をするのか、皆さんはご存知ですか?
まず利用できるのかどうかは審査で決まってきますから、最初はこれを通過しなくちゃいけないんです。
審査と聞くと不安に思う方もいると思いますが、よほどのことが無い限りは無事に通りますから安心していいですよ。
安定した収入を得ていない方は、通りにくいと言われていますから気を付けて。


返済はちゃんとしよう

消費者金融で借入をした場合は、きちんと返済をするようにしましょう。
ご自分が借りた金額だから、責任をもって返すのが当たり前です!
一番良いのは、ご自分の返済能力を超えた金額を借入しない事だと思いますよ。
返済が無理なくできる程度にしておくのがいいですよ。
また、本当にその金額が必要になるのかどうかについて、もう一度よく考えてみて下さい。

消費者金融の実話体験談

消費者金融を利用していた人たちの体験談を募集していたところ、是非お金に困っている人たちに紹介したい投稿をいただきましたので、了承をもらってお名前や年齢などの部分を改変させていただいて紹介いたします。


消費者金融体験談

(K・Wさん、30代女性より)
私の従姉の話なのですが、いつもはしっかり者で明るい彼女が「ちょっと相談というか愚痴を聞いてほしい」と暗い声で電話をかけてきたので、どうしたのかと聞いてみたところ「弟(私からみたら従弟です)が、警察沙汰を起こしてしまって家族全員打ちひしがれている」とのこと。
何事かと思ったらバイト先からお金を盗んでしまったというではないですか。
しかも、盗んだ金額は5万円。親なり兄弟なりに必死で頼めば貸してもらえない金額でもないのに、どうしてそんなことをしてしまったのか従姉も不思議で仕方がなかったそうです。


じわじわと追い詰められていた従弟

「よく聞いてみたら弟はパチンコにハマってからというもの、しょっちゅう親から金を借りては返さない状況が続き、結婚して専業主婦になった私には言い出しにくかったみたいなんだけど、ウチのお兄ちゃんとかには頻繁に借金しに行ってたみたい。
消費者金融からもお金を借りていたけど滞納してしまってから審査に通らなくなって、もう借りられなくなっちゃって追い詰められて盗んだみたいなの」
とのことでした。
バイト先の方が優しい方たちで、叔父叔母夫婦が必死に謝罪したら示談で済ませてくれたとのことでした。

消費者金融のランキングを確認してみよう

今ではネットが充実していますので、どちらの消費者金融を利用して良いのかお悩みの方がいましたらランキングサイトをご覧になってみてはどうでしょうか?
人気ランキングなどがありますし、そこにはこの消費者金融はこういう金利ですよなどといった情報を掲載して下さっていますので詳しく知ることが出来ますし、比較もしやすくて良いかと思います。
もちろん、そのサイトによってランキングが変わってきますので一か所だけではなくて複数ご覧になっていただくのが良いかと思いますよ。


消費者金融は何で決めるのが良い?

消費者金融を利用される前に一体何で決めるべきなのか・・・それはその方によって異なってくるかと思います。
金利で比較をしたり審査の仕方で比較をされたり、即日融資をしてもらえるのかどうかなど比べ方は本当に様々だと思います。
ですが、これといったこだわりの無い方や余裕をもって返済をしたい方には金利で選ぶのが良いかと思います。
今すぐお金が必要な方は即日融資が可能な場所などそういった選び方でも良いかと思いますよ。


利息を忘れずに

中には返済の時に借りた金額だけ返せばいいと思っている方もいらっしゃるのではないかと思いますが、それは違います。
返済する時はご自分が借りた金額と利息分を一緒に払う必要があります。
利息は金利と深く結びついていますので、金利をしっかり比較されることをお勧めします。
返済できないとなってしまうと困ってしまいますからね。
他にもサポートがしっかりしているのかどうかなどについても調べておかれることをお勧めします。

消費者金融と在籍確認

消費者金融の審査においてどれだけ年収や勤続年数といったステータスが優れていても、抵触する事で一発アウトになってしまうルールがいくつかあるのはご存知でしょうか。例えば信用機関に過去の滞納や不払い履歴が残っている事、また申し込みに嘘の記載がある事、現在既に4社以上から借入がある場合などがこれにあたります。今回のそんなルールの中の一つである「在籍確認」について紹介します。


審査後の在籍確認について

消費者金融では一般的に申込内容から合否を照合した後、その申込フォームに書かれている内容が正確かどうかを確かめる作業が行われます。在籍確認は特に申込用紙に記入されている勤務先に本当に申込者が勤めているかを確認する行程の事を指す場合が多いようです。在籍確認では大抵の場合消費者金融がその勤務先に電話をかけ、あなたが会社に在籍している事を確認します。そしてもしあなたが何らかの事情でその電話に繰り返し出る事ができなければ必ず審査に落ちてしまうという訳です。


消費者金融側の配慮

ただ基本的には消費者金融側も返済能力に問題の無い人には積極的にお金を貸したいと思っているので、在籍確認一つにしても様々な配慮が行なわれています。例えば会社の人間にお金を借りる事は伏せておきたいというのであれば、会社名ではなく個人名で在籍確認の電話がかかってきます。また最近ではまだ一部の例外的な商品ではあるものの在籍確認が不要な商品も登場しているようです。

消費者金融の審査で重視されるポイント

消費者金融の審査って何をしているのかいまいひとつ不透明な部分ですよね。そこでどんなところが重視されているのか考えてみましょう!


消費者金融の審査でよく見られているところ

ポイントその1:勤続年数
実は年収や会社の大きさなどよりも勤続年数の方が重視されていると言われています。もちろん今挙げた項目3つのバランスが大事ですが1つ1つだけ見ていくのなら勤続年数が重要なのだと言います。
何故だろうと考えていたところ「だってさ、どんな大会社に勤めていようが、どんなに稼いでいようが現金がなくて困っていることには変わりないじゃん」と制作スタッフの1人に言われて納得でした。
確かにその2点よりも「少なくともすぐに仕事を辞めてしまうような人物かどうかが分かる勤続年数の方が大事」というのは頷けますね。


金額より大事なものがある

つまりどれだけ稼げるかよりも「きちんと一所に留まる人、フラフラとどこに行くか分からないような人ではない」ということを重視しているということですね。
申込書の中には「今の家に住んで何年か」というところを記入する箇所もあります。これも「家族や親戚や友達の家など、あちこちに転がり込んでいる住所不定者予備軍」ではないという裏付けに繋がるわけですね。